2014年6月22日(日)初七日

祖母が亡くなってからもう一週間がたつ、まだ祖母が亡くなったとは思えない。湯江の神津倉の思い出のたくさん詰まった祖母の家に行ったら「マー坊、はっちゃんだごを食っていかんね」と薩摩芋の粉で作った真っ黒でグロテストなだごを持って出てきてくれるような気がする。書ききれないぐらいの祖母との思い出がある。告別式の時に祖母が亡くなった時間を聞いてびっくりした。その日のその時間は僕の家のトイレが突然壊れて修理屋さんを呼んで便器ごと取り替えていた大変な時間帯だった。祖母が亡くなった時間帯と一致する。不思議なこともあるもんだ。人は死んだら何処に行くんだろう,僕はいつ祖母に会えるのかな。こんなにからだが痛いなら、、、もう、、、いいや。とは書いたら駄目ですね。

[PR]
by yawarax | 2014-06-22 10:47 | 日記


<< 2014年6月23日(月)腹巻き 2014年6月21日(土)どう... >>